世間はちろりに過ぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 金庸コーナー出現

<<   作成日時 : 2008/03/10 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近所の書店に行ったら、徳間文庫の中に一段金庸のコーナーができていました。これまで、最新刊のシリーズだけ、しかもとびとびにしか置いてありませんでした。最近では『倚天屠龍記』の2巻と3巻とかね。それが、『書劍恩仇録』『碧血劍』『射G英雄傳』『笑傲江湖』『神G剣侠(『神G侠侶』)』も全巻揃っています。人気の高そうなシリーズは各巻複数冊並べてあるという大盤振る舞い。並んだ背表紙を前になんだか顔がにやつく感じです。

まだ、持っていない『書劍恩仇録』全4巻を本棚からごっそり抜き出し、レジへ走れ。

そういえば、以前、『笑傲江湖』を発売ごとに買っていたとき、レジにいたお兄さんが、「金庸おもしろいですよね。」と話しかけて来たことがあります。それほど頻繁に売れるわけではないでしょうから、同好の士を見つけてうれしかったんだろうなと思います。かれは、本にカバーをかけてくれながら、「ぼくは中でも『射G英雄傳』が一番好きなんです。」と言っていました。小説としては確かにわたしも『射G英雄傳』がおもしろいと思います。「ああ、わたしもです。」というと、うれしそうな顔。(でも、ドラマだと『天龍八部』派なんです。某アイドルくんが出ているという理由だけでです。)

金庸コーナー出現の影には、あのおにいさんの尽力があったのかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金庸コーナー出現 世間はちろりに過ぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる