おやおや、紅白歌合戦?

中華圏では(っていうかアジア一円はそうだと思いますが、)お正月は旧暦で祝うもの。今年は2月14日が春節の初一、つまり元日にあたるそうです。で、その前日の夜に台湾電視が特別番組を放映するということです。これは普通なんですが、今回は「超級巨星紅白芸能大賞」というタイトルで、日本の紅白歌合戦をまねて、男女の歌手が白組赤組に分かれて歌うのだそうです。まあ、生じゃなく録画だそうで、このほど収録が行われました。前置き長いですが、もちろん、私がここへ書くからには、林志穎くんも出演です。

1月の末には、リハーサルの記事が出ていたのですが、往年のアイドル対決みたいな趣旨で、小虎隊の呉奇隆と林志穎には昔の大ヒット曲を歌ってくれという依頼らしいです。(同じ白組なんで対決ってのはないわね。)それで、またまた、『不是毎个恋曲都有美好回憶』『今年夏天』『火燃的心』を歌って踊りました。ただ、演出はコンサートのときのような辣妹ダンサーを従えての登場です。

ステージはうまく行ったのですが、良すぎて口パク疑惑をかけられてしまいました。これらの曲を歌っていた初期の頃は、たぶんほとんど口パクさせられていたんだろうと思いますが、最近は、途中でMCを入れたり、観客に歌わせたりしているので・・・。今回はどうだったのか全部は見ていないのでわかりませんが。

ま、とにかく、久々に台湾での歌のステージ、バックステージの影像見てもテンション高い高い。こんなにテンション高い志穎くんは久しぶりです。しかも、なんだかいつにもまして可愛い。35歳、一児の父、プロレーサーにして数々の企業を展開する実業家にはとても見えませんね。


神秘来賓と志穎くんが紹介している「小太陽」鐘漢良は「風塵舞蝶」で共演以来の仲良しさんなので、一緒におしゃべりしているのが楽しそうです。ふたりとも今年アルバムを出す計画があるようです。二人とも寅年なんだよとか言った後、志穎くんが「アルバムいつ出すの?」と聞いたら「今年だよ。」そんな漠然とした・・・「そりゃ今年だよね。」「うん。」「それじゃぼくといっしょだ。ぼくも今年だよ。」「もうすぐだよ。」「ぼくももうすぐだよ。なんか前、3月だっていってたじゃん。」「そうそう。だいたい3月か4月。」「ぼくは夏休みには出したいんだ。」おいおい、夏休みってもうすぐかよ? と思わず突っ込みを入れた私でした。


また、呉奇隆とも久しぶりで、「小虎隊が集まってコンサートできないんだったら、僕と一緒にやる?」とか話していたそうです。それもやってほしいかも。志穎くんを初めて見てころんだ番組には呉奇隆も出ていて、台湾のアイドルってなんでこんなかわいい子ぞろいなの? と思ったのでした。なつかしい。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

SAKURAKO
2010年02月06日 22:19
小巨蛋でコンサートやりたいってコトで、気合い入ってたみたいですが、何時にもまして可愛らしさ全開!でしたね!
口パクについては、リンゴ日報によると“技”を使ってるらしいです(笑)
http://tw.nextmedia.com/applenews/article/art_id/32279862/IssueID/20100204
舞台のクォリティを追及するには、それなりの仕掛けが必要ということでしょうか。
この辺りにタダモノぢゃない実業家としてのリアリズムを感じてしまうワタシです。
でも、歌いながらバックダンサーよりも複雑なステップで踊ってるんですから、それはそれでいいんぢゃないかと思うんですが(笑)

「夏休み」発言については、ワタシもスネに傷があるのでなんとも…^^;
る・もんしゃん
2010年02月07日 23:38
そうか、技ですね。パパラッチも御用達の彼の会社の製品を使ったのかしら。そのうち中華芸能界に普及するかも。まあ、ちょっと前までは、中華圏で歌って踊る人はおそらく大半口パクだったんじゃないかと思えます。
目標もうすぐ(っていうとせいぜい3月ね)だったけど、夏休みまでずれ込んじゃったってのはよくある話。わたしも・・・。SAKURAKOさんのキズもたぶんそんなもんじゃありません? でも最初から夏休みが目標なんて言ってたら来年になっちまいますぜ、だんなq(^^;)p。

この記事へのトラックバック